教員採用試験に効果的な対策

>

教員採用試験に臨む

得意を伸ばすスタイル

教員採用試験の効率的な勉強期間は受験の1年目の3月からです。

参考書は勿論ですが、過去問からの出題を分析したり、内容や難易度も解析します。
そうすることにより出題の傾向がわかり学科試験はとけやすいそうです。
出題の傾向がわかると言うのは学習の範囲もわかるという事です。
大体の目星がつけられるので勉強する派にも狭まってきます。

つまり一点集中の勉強ができるという事です。
範囲が絞れるので余計な勉強をしなくて済みます。
自分の得意科目、例えば数学ならば例年出題されているそちらを集中的にやり込みます。
逆に苦手なものが世界史だったとしましょう。
そちらはまったく勉強しないのです。
そうすることにより記憶容量が効率的に使えます。

地域の教育に目を向ける

効果的な学習法の2つ目です。
過去問を解く際に自分で解けるものといまいちわからないものにわけるんです。
わからないほうの基礎や解説を熟読します。
良く読み込むことにより覚えていきますので試験前にもう一度熟読してください。
おおまかに過去問が終わって次にやる問題は公式模試の問題です。

ここからが本番の用意です。
「地域の教職教養」という細部の科目に目を向けます。
地域により違いますから自分が試験を受けたい自治体の「教育教養」を勉強しておかなくてはなりません。
これを90%の点数がとれるまで繰り返し続けます。
教育法規の勉強も忘れてはいけません。

試験前に時間が作り使い方もいると思いますが、その方は勉強法があっているか定期的にチェックすることがおすすめです。
そのチェックで自分の苦手分野を理解し効果的に勉強ができると思います。


この記事をシェアする