教員採用試験に効果的な対策

>

貴方の勉強法はそれであっていますか?

貴方のやる気を燃やそう

某県の試験を受けた方はこんな言葉を残しています。
「どんな教師になりたいか、どんな子供を育てたいか」という目標が大事だそうです。
この目標が勉強する意欲となり、モチベーションも保てる秘訣だそうです。

勉強法に関しては過去問を読み込んで解いていたそうです。
学問ばかりだと気分転換ができませんからね。
さらに、「論文口座」や「面接口座」に参加して本番さながらの緊張感のもと講習を受けていたそうです。
回数を重ねるにつれて自分に自信もついてくるようでさらに勉強がはかどるようです。
これは受けるとモチベーションもあがりますよね。

最後はその地域独自の資料は試験ぎりぎりまで手元に持っていることです。
勉強もお守りにもできますね。

苦手はこつこつ片付ける

さらに勉強法として、苦手分野を徹底的に繰り返し勉強するというのもあります。
苦手な分野ほど粘り強くやることで克服する方法ですね。
特に過去問をやり込むことで出題される問題に強くなります。

小論文は他の方に添削をお願いして自分の癖を見つめます。
その癖や書き方をもとに論文を書く際に組み立てるスタイルを作っておきます。
いくつか作り置きしておくことによりどんな論文テーマが出されても即時に対応できるようになります。

教師像や生徒指導など自分自身の精神論を書くことも多々あると思います。
ですが、この精神論が試験を受ける貴方のやる気となって出てくるのです。
さらに、教師という職業ももとは人間です。
貴方という人間の資質を問われる論文でしょう。


この記事をシェアする