教員採用試験に効果的な対策

>

面接が苦手な貴方へ

面接官がどこを見ているか

面接で効果的な事はまず面接官がどこを見るかですよね。

最近は保護者や学校とのしがらみもありますので人柄を重視に見るところから始まります。
さらに、他人の意見に耳をかた向けられるかという柔軟性、協調性、自発的に発言する自主性や積極性、なども見られるそうです。
まさに人間性が求められる行動ですね。

熱い情熱と人柄が合致しないと教師には向かないようです。
積極的に発言をしながらも、ひとりひとりの意見に耳を傾けられるかという事ですね。
特に教師として生徒を受け持つ際は1対1というのはごくまれです。
複数人の生徒を一気に受け持つわけですからひとりひとりを尊重できるかというところを見られているのではないでしょうか?
他の人の意見にも柔軟に対応できるかも見られるようです。

効果的に喋ろう

面接で聞かれる3点問題は「長所」「動機」「自分が教師に向いているところ」とりますがこれは全部同じ答えでいいです。
長所や動機などはすべて自分のセールスポイントとして織り交ぜて答えると効果的だそうです。

また、面接の際「数秒以内で答えてください」という問いもあるそうです。
その時は大体の秒数を基本的には1分くらいで考えるとちょうどいいそうです。
文字数にして400文字。
感想文の作文用紙一枚くらいでしょう。
面接は面接官へ自分を売り込む絶好のチャンスです。
相手を説得するような気持ちで臨むのがちょうどいいです。

さらに口説くスピードにも要注意です。
1分間に400文字はかなりゆっくり読まないといけません。

その際の声のボリュームや表情も面接官への印象と残ります。


この記事をシェアする